FC2ブログ
VMAX&TMAX GARAGE
11 | 2014/12 | 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フロントフォークのOH 取り外しから分解編(笑)

みなさん こんにちは♪
日中もだいぶ冷え込むようになってきましたね。
先日久しぶりに伊豆スカを走ってきましたが、天気もよく暖かくツーにはちょうど良かったです。

前回の続きです・・
IMG_0370_R.jpg IMG_0372_R.jpg
画像では分かりにくいですが、うっすらとサスオイルを引いた後が残っています。
ダストブーツも外側は無数のクラックが入っています。
タイヤもスリップサインが出てますので、ついでにこれも同時に交換してみます。
私の乗り癖なのでしょうかね・・タイヤは右側のほうが減っています。
あとはブレンボのパッド交換です。

IMG_0364_R.jpg
さーて、交換部品もひと通り揃いましたので、フォークを車体から外していきましょう。
フェンダー・キャリパー・ABSセンサー・ブレーキブラケット等を外していきます。
ヤマハこだわりのスリーピースフェンダーはバラすのが比較的めんどうですね。
ネジロックが効いていますから気をつけないとヤバそうですw
なんかフェンダーがないと間抜けみたいですね(笑) キャリパーの養生は私の靴下です(爆)
あらかじめアッパーブラケットピンチボルトをフリーにしておきキャップボルトを緩めておいた方がよいです。

IMG_0377_R.jpg
ロアーブラケットピンチボルトを緩めればスルッと抜け落ちますから注意です(笑)
私はやりませんでしたが抜くときインナーチューブにシリコンスプレーなどで保護もありかもです。
ツーピース構造のアウターチューブと52φのインナーチューブのフロントフォークはかなり重いです。

IMG_0379_R.jpg
取り外しが完了です。。手の入らないところがかなり汚れています。
このあとタイヤの交換時には、いったんローターも取り外してしまい掃除します。
自分でメンテしますとこのような手の入らないところも掃除ができますからイイですね。
私はフロントフォークの色合いがとても好きです。

それではフォークの分解を始めましょう(笑)
IMG_0384_R.jpg
まずはキャップボルトをインナーチューブから外してから引き抜きロックナットを外します。
こうすることでダンパロットassyとキャップボルトを分離できます。
キャップボルトの6角面はマスキングテープ等で養生しておいた方がよいと思います。
私は何もせずにディープソケットで緩めましたら、ご覧の通り跡が付いてしまいました。
このアルマイトはとても傷つきやすいです。。悪い例ですね(笑) 塗装でごまかします。
バーコとかの精密モンキーの2面でしっかりと挟みこんでから緩めた方がよい気もします。
このあと逆さにしてフォークオイルを抜きます。
IMG_0387_R.jpg IMG_0391_R.jpg
うぇー汚ねー Σ(゚Д゚;エーッ!
フォークオイルがかなり汚れています。。臭いは感じられませんがシャビシャビです。
取りあえず片側は900ccチョイでましたので大丈夫でしょうか。
IMG_0394_R.jpg
光に透かしてみてもまったく見えません。。20000kmでこんなにも汚れるのでしょうかね。
これだけ汚れていたら各パーツを念入りにきれいにしないとダメそうです。

アウターチューブの下部にありますダンパロッドassyボルトを外しますが、
このボルトを外すにはダンパロッドホルダーというSSTが必要になってきます。
一般的にはインパクトレンチ等で外せるのですが、果たしてこのフォークにはその方法が可能でなのでしょうか。
IMG_0396_R.jpg
まずはボルトを抜く前にダストブーツとクリップをアウターチューブから抜き取ります。
ダンパロッドホルダーというSSTはいくらするのでしょうね。
ダストブーツのクラックは裏側には届いていませんでした。

IMG_0399_R.jpg
エアのインパクトは使わずに100Vの電動インパクトレンチでチャレンジですw
インパクトのトルクはじゅうぶんなのですが、やはりダンパロッドassyが供回りしてしまいます。
減衰力アジャスタのないフロントフォークと違い構造が複雑ですから。
SMによりますとネジロック塗布とありますから緩みにくいのかも知れません。
ない頭をひねり、SSTなしで何とか外すことが出来ました。
やはりSSTを使った方がスムーズに作業を行えると思います。
IMG_0401_R.jpg IMG_0404_R.jpg
外したボルトを見てみますと、えーネジロック塗ってねぇじゃんよ? それも両方ともです。
アウターとインナーをスライディングハンマー(笑)みたいにして引き抜きます。
SMのインナーチューブ分解図も間違っている部分がありますね。。
センサー交換ネタのときもダイアグにおかしな表記部分もありましたし。

IMG_0406_R.jpg IMG_0407_R.jpg
臓物(笑)のスプリングやダンパロッドassy、その他もろもろを取り出します。
組み込み順番を間違わないように一応デジカメで撮っておきます。
スプリングの自由長は規定値以内に収まっていました。
IMG_0413_R.jpg
フロントフォーク1本分の構成部品です(笑)
パーツクリーナーで清掃したあとエアブローしてあります。
ちなみにダンパロッドassyは非分解パーツです。。価格を調べてみましたらタケーっ(笑)
メタル類も交換部品なのですが、まだまだ使えそうです。
高額の部品ではないのでSM指定通りに取り替えた方がいいですね。
IMG_0419_R.jpg
同じ事を繰り返して分解すべてが完了しました(笑)
アウターも磨いてありますからピカピカになりましたw
2本バラして気がついたのですが、やはり心配していた通りのことがありました。
左右のオイル量が100ccチョットも違うんですよ(驚)
フロント周りをバイク屋から修理完了後、20000kmくらいはずっとこの状態で乗っていたことになります。
SMにも「オイルレベルが不均等な場合、操作性や安定性を欠くことになる」と明記されています。
これじゃぁフロントフォークの性能が100パーセント発揮されていないですよね。
それにしても100cc以上も違うなんて、いったいどう量ったらそうなるんだと・・(怒)
お金を払ってこれですから。。オイルも指定のサスオイルM1使ってんのかと・・
左右の減衰力違いのストレスで、オイルがすごく汚れていたかも知れません。

このあとフロントフォークの組み立てから車両の装着まで行います。
あとはパッド交換と、ついでにリヤのタイヤも交換しました。
すべての作業完了後の乗り味が今から凄く楽しみです。
久しぶりの更新長々と失礼いたしました。





スポンサーサイト





プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
私の備忘録へようこそお越し下さいました♪
ジジイライダーですがバイクはいつまでも
カッコよく乗り続けたいなと思っています(笑)
みなさまどうぞ宜しくお願いします!

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる