FC2ブログ
VMAX&TMAX GARAGE
01 | 2014/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

クラッチ交換検証編(笑)
皆さん こんにちは♪

おおー・・とうとう待望のMT-09が国内発売されますね。
4月から販売開始だそうです。。街中快速・・うーん乗ってみたいっす(笑)
ただいま嫁に大型免許を取得してと懇願中です(爆)

先日は横浜もすごい雪が降りました。
45年ぶりだそうで、ガキの頃の記憶に残っています。
これだけ降りますと翌日のあと片付けが大変ですね。
ウチは高台にあるために雪が降りますと「陸の孤島」になってしまいます(笑)
IMG_0183_R.jpg
ミッキーだるまでございますぅ(笑)
制作者は???(爆)

スミマセン本題です。。
VMAXのフリクションディスクとカバーガスケットが揃いましたので、
交換作業をしてみようかと思いまして。。
DVC00637_R.jpg
サクサクとバラし完了ですw
サイドスタンドを掛けた状態なら、オイルを抜かなくても作業できます。
クラッチプレートはプレス面が内側でした。
IMG_0117_R.jpg
左が取り外したノーマルで右がUSバーネット社製のフリクションディスクです。
交換作業の前にSMの点検項目に従い構成部品の状態を調べてみました。
クラッチが滑るのはフリクションディスクが減って起こるのが最たる原因ですから、
まずは28000km走行後のディスクをチェックしてみました。
フリクションプレートの厚みは 2,92mm~3,08mm です。
使用限度は 2,80mm と表記されています。
IMG_0106_R.jpg
で、外したディスクを計ってみましたら
なんと 3,06mm です。
なんだぜんぜん減ってねぇじゃんよ! (;゚д゚)ポカーン
じゃぁなんで滑ったんだろう・・それも4速ならまだしも3速で?
納得いかない状態で他のパーツを点検です。

IMG_0132_R.jpg
クラッチハウジングやクラッチボスのスプライン段付き摩耗はなし。。
プレッシャプレートも異常なし。
クラッチプレートは傷もほとんどない状態で良好です。
さすがのクラッチワークだなと自画自賛です(笑) おっとスミマセン。。
でもなんで~?

クラッチスプリングの高さを測りますと 6,33mm でした。
スプリングの高さ 6,88mmで最小の高さは6,38mm となっています。
そんならスプリングがダメじゃん (°д°)ハァ? 
4年半の28000km走行程度でスプリングがヘタるなんて・・一体どうなんでしょう?
規定値を外れた場合は交換指定になっています。
DVC00642_R_2014020911455348f.jpg
作業の中断 orz
速攻でスプリングとアンダーサイズの1,6mmクラッチプレート(後述します)を注文しました。
注文した翌日に届きメチャ早いですね。。
ネット通販最強!(笑) 車両を買ってもいないバイク屋でパーツを頼むのも気が引けますし。

SMにはクラッチプレートとフリクションプレートをすべて合わせた合計寸法が47,4mm~48,0mmになるよう調整しろと。
ノーマルの構成で計測してみますと・・なんと、、
まさかの50,22mm w(゚o゚)w  オオー!
んなバカな?? ってな感じです(驚)
IMG_0111_R.jpg
マニュアルの数値が間違っているのか、組み立て時から間違っているのか・・
で、よーく見るとクラッチプレートの1枚だけが厚いじゃないですか。。
それもプレート表面に両面とも凹加工がされてないツルツルのタイプ。。これで大丈夫なのか?
注文した1,6mmのアンダーサイズは他と同じ凹加工がされていました。
そのプレートはオーバーサイズの2,6mmでした・・48mm以下にしないといけないのになぜ?
少なくとも組み立て時に、マニュアルの数値は考慮されていなかったでしょう。
こうなるとどっちが正しいのか分からんです。。
ひとつだけ言えることはスプリングが縮まってしまっている事実です。
指定されているディスクの厚みも2,22mmオーバーしていました。
その数字分だけスプリングが無理に押し縮められていたとするとヘタってもしょうがないのですかね?
スプリングは6,88mm中の0,55mm縮んでしまいました。
スプリングの許容範囲は 0,50mm しかありません。。それ以上も縮んで
この数字がどのような影響を与えるかはわかりません。

IMG_0173_R.jpg
純正で厚み調整用のクラッチプレートが出ていまして
スタンダードが 2,00mm のところ厚さ 1,60mm のアンダーサイズと言うのか?(笑)が出ています。
これを使えばSM指定の 48,00mm を切りますので規定値に収まりそうです。
バーネットのフリクションディスクは純正よりも薄い3,00mmで薄いですから、
ディスクの合計を計ってみますと 47,60mm になりました。
でも指定の範囲は0,60mmしかないんですよね。。
それでいて2,22mmもオーバーしているとは??
2ヶ所まで調整となっていますから、何枚も交換という訳にはいかないようです。
ノーマルのディスクだと1,6mmのアンダーサイズを使ってもほんの少しオーバーします。
なんでだろか?

IMG_0121_R.jpg IMG_0122_R.jpg
ちなみにノーマルディスクが44gでバーネットディスクが39gと5gほど軽いです。
能書きによりますと7075にT6処理をしてあるそうですから軽いのでしょうね。
ライニングの貼ってある位置が微妙に違うのはご愛嬌でしょうか(爆)

VOCのメンバーさんも20000kmあたりで滑り始めると言っていましたが、
おっしゃる通り本当に滑り始めてきてしまいました。
それにしても早いと思いませんか・・滑り始めるのが??
フリクションディスクだって 0,02mm しか減っていませんし、使用限度までまだまだ余裕に残っています。
ディスクが指定以上の厚みのために経年劣化でスプリングがヘタり滑り始めた。
実際に計った数値を合計しても、純正のフリクションディスクではSM指定の厚みにはなりません。
この出力(フルパワー)に対してクラッチ容量が不足しているのか。。
1セット分抜くわけにもいきませんし(笑)
このフリクションディスク品番はFJRとか他の車種にも使用されています。
もしかしたらUS社外品の厚みが正しいのかも知れません。
あくまでも憶測ですが。。

それではこの構成で組み上げて様子をみようかと思います。
なんとも煩雑な手間がかかりますことやら・・ヤレヤレ ┐(´ー`)┌
それではこのへんで失礼します。

スポンサーサイト





プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
私の備忘録へようこそお越し下さいました♪
ジジイライダーですがバイクはいつまでも
カッコよく乗り続けたいなと思っています(笑)
みなさまどうぞ宜しくお願いします!

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる