FC2ブログ
VMAX&TMAX GARAGE
09 | 2011/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

VMAXワイドタイヤ装着編(笑)
皆さん こんにちは♪
スッキリしない天気が続きますね。

VMAXのワイドタイヤ装着が完了しました(笑)
車両への組み込み画像がありませんがどうぞご了承くださいませ。
DVC00312_R.jpg
まずは必要なケミカルとSSTです。
ヤマハ純正指定のネジロック材とヤマハグリースBとSSTが2個です。
この作業を依頼すればおそらくケミカル類は汎用品を使うと思います。
ちなみにこのネジロック材は中強度で「青」ではなくて「赤」い色をしています。
あとは汎用のベアリングインストーラーとヒートガンがあれば便利でしょうか。
この他に純正のウエイトも数個仕入れておきました。

DVC00311_R.jpg
さ、それでは入れ替え作業の開始ですw
ディスクは今回ブレーキングディスクをやめて、
純正のディスク(フィン付きカバーなし)でいこうと思っています。
海外のオーナーさんはその方法でカスタムされていますね。。パクりです(笑)
ソリッドになっちゃいますが羽根っぽくて格好よろしですw

DVC00309_R.jpg
ベアリングを止めているナットをSSTで取り外します。
このナットは移植に必要なんですね(笑)
固くて緩まないだろうと思っていたらスンナリと緩んでしまいました。
ねじ山を見てみるとSM指定のネジロックが塗っていないではないですか(笑)
ここは触ったことがないので工場生産時の塗布忘れですかね?

DVC00304_R.jpg DVC00303_R.jpg
ベアリングキットの中に入っていたディスク側のベアリングを打ち込みます。
スムーズに入るようにあらかじめ冷凍庫でキンキンに冷やしてあります(笑)
ヒートガンで加熱後にインストーラーで打ち込みます。
カジリもなく所定の位置に収まりました。
あとはここにオイルシールを打ち込んで完了です。

DVC00302_R.jpg DVC00301_R.jpg
キットに付属のハブダンパ側のニードルベアリングを打ち込みます。
こちらもベアリングを冷やしてからアウターを加熱して打ち込みます。
本来ニードルベアリングはプレスとかで圧入するのがベターなのですが、
プレスがない代わりにL型クランプで圧入するつもりでしたが幅が足らずに荒治療で・・(笑)
ま、ベアリング端部のツラにインストーラーを合わせて叩き込めば問題ないかと思います。
ここの凹凸部分にはダンパゴムが数個入ります。。
DVC00299_R.jpg DVC00296_R.jpg
こちらはSM指定で打ち込む深さが決まっていますので慎重に打ち込んでいきます。
指定の位置にバッチリ打ち込めました(笑)
ベアリングのインストールは斜め入れが怖いので意外にも緊張しちゃいます(笑)
実際に入れ替えるパーツはハブダンパーゴムやカラー類ですね。
ベアリングなどをプーラーとかで入れ替えられたら、キットは再利用不可パーツを除いて不要ですね。
別途で2点ほど部品を仕入れておけば、移植不要で気分次第の使い回しができます(笑)
でもキットがあれば煩雑な手間が省けてかなり便利です。。値段もそう高くはないですし。

移植も終りましたのでバランスを取ります。
やはり大きいのかかなり狂っていましたね。。30gのウエイトが必要でした。
もしかしたら30gも必要かなと思い仕入れておきました。。あた~り~っ(笑)
これもおそらく依頼したら板状粘着テープつきの汎用ウエイトを使われそうです(爆)
ヤマハのホイルウエイトはリブに取り付けられるようになっていて良くできていますね。

DVC00298_R.jpg
移植がすべて完了しました(笑)
ここまでかかった時間は3時間ほどです。
この作業が完了してしまえば8割くらい終ったようなものですね(笑)
ローターはブレーキングよりもこちらの方がお洒落な気がしています。。自画自賛(爆)

このあとギヤボックスを一旦外してから、再度タイヤと共に元の位置に戻します。
え~っシャフトのスプラインが入んねぇ~ どんだけやってもorz
作業自体すべて一人で行いましたので、最後はギヤボックスも重くて仕方がなかったです(笑)
だからこんな作業はプロに任せろと言ってるだろ!と言う声が聞こえてきそうです(笑)
何度か抜いては奥のスプライン形状を確認してから入れてもナット1個分浮いてしまうんですよ。
SMの指定通りに差し込んでもう~んどうにも入らないorz
結局はワタシのある見落としで入りませんでしたね。。それに気づいたらなんとスンナリと・・(/_;)
で、やっと元に戻せました。。タイヤ幅が大きいので内側ナットのトルク管理ができないですね。
こんな感じで必至コイていましたので、写真など撮っている余裕がなかったっす(汗)
でも、自分でワイドタイヤ化も完結できましたのでVMAXへの愛着が更にわきましたね(笑)
知らないうちにリヤのリフレクタをタイヤで潰していましたよ(汗)。。また直しか。

DVC00359_R.jpg
やはり240は迫力満点で文句なしにカッコいいですね。
このフェンダーとマフラーの張り出し具合から200ではなくて240がジャストだろうと思ってしまいます。
デフォルト240での設計はおそらく厳しかったのでしょうね。。のっけから計画にないですよね(笑)
DVC00328_R.jpg
リヤのブレーキングディスクはオクで中古を落札したもので、
少々ヤレていましたので綺麗になって良かったです。
完了後に横須賀まで街乗りしてきましたが、峠でおイタされるかたはやめた方がいい気がします(笑)
街乗りレベルでも言うことを聞かないのがすぐにわかりましたから(笑)
VOCのあるメンバーさんは「じゃじゃ馬も可愛いぞ」と申しておりましたが・・(大笑)
たしかにたしかに・・うまいこと言いますね(^_-)
あの軽快なハンドリングをそれなりに堪能してきた身からしますとう~んみたいな(爆)
でも、バネ下増加の影響も感じられずに、リヤのグリップ感はあきらかに増しましたね。
直進安定性とレーンチェンジのしやすさは高速を走っていないのでわかりませんです。
簡単に元へ戻すことはできるのですから、しばらくはカッコ優先で楽しみたいと思っています。
取りあえずH-Dほどまでは乗りにくくならなくて良かったです。。おそらくV棒も乗りにくいでしょうね。
V棒とはあきらかに楽しむ速度域が違いますのでVMAXの勝ちです(爆)
長々と失礼いたしましたm(_ _)m


スポンサーサイト





プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
私の備忘録へようこそお越し下さいました♪
ジジイライダーですがバイクはいつまでも
カッコよく乗り続けたいなと思っています(笑)
みなさまどうぞ宜しくお願いします!

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる