FC2ブログ
VMAX&TMAX GARAGE
01 | 2010/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

エアクリーナーのプチ改造
みなさん こんにちは♪
天気のスッキリしない日が続きますね。

マフラーやチャンバー等のフルパワー化ができましたので、
以前に仕入れていましたUS製のパフォーマンスエアフィルターに換装してみることにしました。
絞られている国内の排気構成ですと、フィルターのモデファイは危険との判断で行っていませんでした。
取り替えられた方のインプレッションでは、数馬力ほどの出力アップが期待できるみたいです。
P1000664_R.jpg
画像にありますエアクリーナーの蓋を取り付けずに解放できる別売のブラケットは
私の場合クリーナーの蓋を元通りにしますので結局使いませんでした orz

まずは外装から取り外します・・
油脂類の交換等は比較的たやすいのですが、エアクリーナーの清掃やバッテリーの交換に関しては、
トップカバーを外さないといけないので整備性が悪いですね。
P1000668_R.jpg P1000666_R.jpg
ノーマルフィルター下とパフォーマンスフィルター上です。
ノーマルフィルターは走行距離が6000㎞の割には汚れていますね。エアブロー後にお蔵入りですw
バッテリーまでアクセスできたため補充電もしておきます。
定期的に補充電しておきますとバッテリーの持ちが飛躍的に伸びますしね。
バッテリーにリード線を繋いで充電しやすいようにしておいた方が良いかなとも思いました。

エアクリーナーまではアクセスしやすいのですが、
YCC-Iが入っているアッパーカバーを外すには手間がかかりました。
左右のエアダクトはもちろんのこと、ECU・鍵穴周りのブラケットやホース類の取り外しとか・・
かなりの量のボルトで止まっているので、すべてのボルトを抜き去るのが大変です。
P1000670_R.jpg P1000672_R.jpg
外し終えたエアクリーナーボックスアッパー側です。(画像左)
ここのプラスチックパーツを外すことにより吸気面積が3倍になります。
ひっくり返すとこのような形状になっています。(画像右)
ここにある3カ所のプラスチックのカシメを削り取ると誘導板(仮称)が取れます。
仮にカシメを削り取ってしまっても、接着剤とかで元通りにできますので大丈夫です。
P1000675_R.jpg P1000676_R.jpg
取り外し完了ですw・・ご覧の通り吸気口がこんなに広くなりました。
それにしてもカシメを取り除く程度で簡単に外せてしまうのは何故なんでしょうね?
誘導板は溝に入りこんでいるだけなのでスルッと取り外せてしまいます。
金型で一体成形にしなかったのはどうしてなんでしょうか? ←うーんなんか訳がありそうだ(?_?)
もしかしたら金型が出来上がってしまってからの仕様変更だったのでしょうかねぇ?
逆車も同じ形状のようですから、国内対策でもないようですし・・
「ココを外すとさらにパワーが上がるぞ」と設計者の遊び心からなのでしょうか(笑)

画像が暗くてスミマセン・・アッパーを元に戻した状態です。(画像右)
ご承知の通り中にはYCC-Iユニットが入っています。
あとはパフォーマンスフィルターを取り付けてからフィルターカバーを取り付けます。

P1000677_R.jpg
取り付け完了です・・この状態で前述のブラケットで固定すればフィルターカバーも不要になります。
詳しい方のインプレ情報では、カバーのない画像のような状態ですと、
YCC-Iが作動する6500rpm以上はガスが薄くなり力が抜ける感じになるらしいです。
R-ECUの燃調補正範囲から外れてしまうので、サブコン等で調整が必要になってくるとのことです。
私の場合はそこまでする計画がありませんので、フィルターカバーも元通りに戻しました。
フィルターカバーを取り付ければ、高回転域が薄くなることもないそうです。

完了後に火を入れてみますとなんの変化はありません。
実際に街乗りしてきましたが、
なんだかパワーがありすぎてワタシが鈍いせいか変化がわかりません(笑)
ラフなスロットル操作で簡単にホイルスピンをしそうな感じです(汗)
ひとつだけ言えるのは、国内仕様とは明らかに違いスロットル操作に気を使いますね。
エアクリーナー加工をしてから高速走行をしていませんので何とも言えませんが、
この状態でワイドオープンすると、とんでもないパワーを発生するのではないでしょうか?
吸入量の増える中高回転域でかなりの変化がありそうです。
少しだけ引っ張り気味に走りメーター見ると、あっという間にぬうわ~ぬえわに達してます(汗)
表現するとしたら、瞬間移動とかワープする感覚とか言うのですかね。
ワタシにはサーキット走行(笑)以外に6000rpm以上の回転域なんか必要ないです。。
恐ろしき「加速番長」・・マジでおもしろ怖いです(笑)

奴らの餌食にならない昼間のチンタラ走行がさらに苦痛になりそうです(爆)
この間久里浜からの帰りの16号で、ワタシが気付いていないのかと思ったらしく白馬がロックオン、
数キロ間45~49㎞で走るのがダルいのなんのって(笑)
暫く追尾後、赤色灯を回しバビューンといっちまいました。
勝手気ままな行動っぽいアイツらはホントに腹立たしいですねw

逆車以上のフルパワー化で、通常走行でもタイヤの減りが加速しそうです(汗)
それでは今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m



 
スポンサーサイト





プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
私の備忘録へようこそお越し下さいました♪
ジジイライダーですがバイクはいつまでも
カッコよく乗り続けたいなと思っています(笑)
みなさまどうぞ宜しくお願いします!

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる