FC2ブログ
VMAX&TMAX GARAGE
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フロントフォークのOH 車体に組み付け編(笑)
みなさん こんにちは。
またまた長い亀更新になってしまいました。
今年の4月は雨が比較的に多い気がしますがどうでしょう。

フロントフォークのOHも終わりましたので、車体に組み付けから始めていこうと思います。
あとはブレンボパッドとリヤタイヤの交換で、かなりリフレッシュができるのではと思います。
IMG_0468_R.jpg IMG_0470_R.jpg
スリーピースのフェンダーを組み付けていきます。
ステーが少々複雑のために戸惑ってしまいます。。ネジロック指定のボルトもあります。
細目のネジを使ってある箇所がありますので、次回のためにネジロックもほどほどに。。
すべてのボルト類はワタシの手ルクレンチだとあてになりませんからトルクレンチでトルク管理です(笑)

IMG_0465_R_20150422131115314.jpg IMG_0476_R.jpg
個人輸入した純正キャリパー用のブレンボパッドです。
必要がないと思いますが角を軽く面取りをしておきます。

IMG_0474_R.jpg IMG_0472_R.jpg
ピストン周りにダストが付着していますのでブラシと洗剤で洗ってしまいます。
キャリパーピストンは腐食もなく良好な状態です。
今回交換したパッドがすり減った時はキャリパーもOHが必要になるかなと思います。
ちなみにシール類が初回交換は5年ですから過ぎちゃってますね(笑)
ピストン数も多いですからOH費用がかかりそうです。

IMG_0478_R.jpg IMG_0482_R.jpg
装着完了です 赤色がさりげなくオシャレです(笑)
30000km走行後のパッドの残量です。。ちゃんとブレーキは使っていますよ(笑)
この状態ですと半分どころか殆ど減っていないのではないでしょうか?
効かないわりにローターを削っているようですから材質が固いのでしょうかね。
左右すべてのパッドが均等に減っていましたのでキャリパーや油圧経路の状態は良いようです。
で、やっちまったんですよ・・
パッドを装着するためにピストンを押し戻したとき一番小さいのをポロンと(汗)
専用ツールで押さえていませんでしたので一発でエアが・・orz
よくやるんですよ、この手のスカを・・
予備のオイルも手元になかったので急いでナップスへ走り(笑)
余計なエア抜き作業が増えてしまいました。
ま、ブレーキフルードも新油に交換できましたので良しとしました。
IMG_0486.jpg IMG_0484_R.jpg
で、久しぶりのリヤタイヤ交換です。
240サイズですからファイナルドライブassyを外さないとタイヤ交換ができません。
2年ほど前に手に入れたタイヤでしたから、組み付けるとき少々固いような気がしました。
やはり室内保管でも経年劣化してくるのでしょうか。。タイヤも「旬」じゃなければですね(笑)
交換自体はフロントよりもリヤの方が太いのでラクですね。
だいぶ慣れてきたせいか今回はビートを切断しないでもラクに抜き取れるようになりました。

IMG_0489_R.jpg IMG_0492_R.jpg
最終のビート上げ中です。。相変わらずパンパンはビビりますね(笑)
あとはバランスをとって終了です。
サイズを240にしてから2回目の交換になりますが、ファイナルドライブassyの組み付けはダルいですね。
スプライン部を完全に入れないとボルトがかかりませんからassyを持っていないとダメなんです。
それなりに重いので決まらないと辛くなってきます。。2人作業ですと楽ちんでしょうね。
ワタシなりに気をつけて作業をしたせいか傷ひとつ入れないでタイヤ交換ができました。

作業完了後のインチキインプレ(笑)
伊豆スカイラインをメインに箱根周辺を走ってきました。
すべてにおいてワンラク上の乗り味になりました。
以前から気になっていた「カクン」というガタも完全になくなりました。
道路の継ぎ目でのショック吸収もとてもスムーズです。。体感的に確実にわかります。
240ってこんなに寝かせやすかったっけ?ってほど右に左へペタンペタンと倒せます。
前のメッツラーと今回のタイヤでは凸形状がかなり違いますかタイヤの影響が大だと思います。
その代わりに低速時の切れ込みは強くなりましたね。
パッドも変えて正解でした。。唐突だったノーマルの効き感がなくなりコントロール幅ができました。
ノーマルマスターからラジアルポンプに変えたときは幅がなく固いな~が印象でした。
効き始めからロック寸前までの引き代がかなり増えましたのでとてもコントローラブルです。
車重がありますから勾配のきつい下りの峠では安心感があります。
純正パッドよりも確実に制動力があがりました。。やはりパッドは要なのでしょうね。
少し気になったのは停止寸前で軽くブレーキをかけると少々鳴くことでしょうか。
すでに交換してからだいぶ走っていますが、どうやらブレーキ鳴きは消えないようです。

今回はフロントとリヤタイヤの交換とフロントフォークのOH。
前後ブレンボパッドの交換でかなりリフレッシュと乗り味向上ができました。
費用はかかりましたが、やはりコンディションを保つにはメンテナンスは必要ですね。
このハンドリングがタイヤ交換をしてから何kmくらい持続するでしょうか。。その辺も楽しみです。
TMAXのタイヤもスリップサインがでて交換時期を迎えています。
まだまだメンテナンスは続きそうです(笑)
久しぶりの更新、失礼いたしました。





フロントフォークのOH 組み立て編(笑)
皆さん こんにちは。
今年最初の更新となります。
遅ればせながら今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
ツーリングシーズンに向けてのメンテナンス続行中です(笑)

フロントフォークの組み立てまでお話ししたいと思います。
フォークの構成パーツを清掃&エアブローしてからの状態で始めました。
準備が整いましたので組み立てを始めます。
IMG_0427_R_R.jpg
フォークオイルがかなり汚れていましたので清掃に時間がかかりました。

IMG_0430_R_R.jpg IMG_0432_R_R.jpg
フォークオイルをインナーチューブに薄く塗りました。
そのあとインナーチューブにダンパロッドassyを入れてからアウターチューブに入れて、
ダンパロッドassyボルトをSM指定トルクにて締め付けます。
SM指定でネジロックを塗りますが、ヤマハ純正指定のスリーボンド製ですと強そうなので
次回のことを考慮してパーマテックス製の中強度を使いました。
前回も書きましたが分解時はネジロック等を塗った形跡はなかったですし。。なんでですかねぇ?

IMG_0435_R_R.jpg 1_R_R.jpg
SM指定でオイルシールのリップにヤマハグリスBを塗り、
リップ部を痛めないためチューブにラップ等で養生してからはめ込みます。
52mmのインストーラーがありませんでしたので、捨てるオイルシールの重ね履きでやっつけちゃいます(笑)
この時でしかあまり使わないSSTですからもったいなくて(爆)
安いインストーラーがapで売っていましたが、52mm対応品はあいにくの品切れ状態でした。

IMG_0439_R_R.jpg
オイルシールも定位置に収めてからオイルシールクリップ、ワッシャー、ダストシールを取り付けます。
SM指定通りワッシャー以外はすべて交換ですね。。ダストシールのゴムが弾性もありキレイですw
このあとスプリング、スプリングスリーブとかのモロモロの臓物(笑)を入れてからオイルを入れます。

2_R_R.jpg 3_R_R.jpg
ヤマハサスペンションオイルM1を規定量ちょいプラスを入れます(笑)
エア抜きのためダンパロッドassyを上下に数回繰り返してから放置プレイします(笑)
ここからは2本同時に行う作業ですから片方も組み立てておきます。。オイルがとても綺麗ですね。

4_R_R.jpg
指定油面にするため、この道具を使ってシリンジで余剰分を吸い上げます。
原始的な方法ですが正確にノズルの突出量を測れば確実に油面を合わせられますよね。
100ccも違えば油面も相当な違いがあったと思います。。まったく驚きですよ。
このあとダンパアジャスティングロッドをダンパロッドassyに入れて
トップキャップとダンパロッドassyを固定し、トップキャップを指定トルク値で締めて完了です。
前回ヘマをしたトップキャップのアルマイト剥げをペイントでごまかしておきました(笑)
パーツ代おおよそ10kのみでフロントフォークをリフレッシュできましたので、
その浮いた工賃分で何か新しい工具でも買おうかと思っています(笑)
今年ワンコが一匹増えましたからエサ代でしょうか(爆)

フロントフォークが組み上がりましたので、サクサクっとタイヤ交換を(笑)
IMG_0449_R.jpg IMG_0450_R.jpg
私の場合上向きですとエアが入れにくかったので、今回はゲイルスピード製の鍛造バルブを使ってみました。
はたして使い勝手いかがなものでしょうね。。

IMG_0452_R.jpg IMG_0458_R.jpg
タイヤ交換の作業中ですw すでに廃タイヤを外してからの新タイヤの組付けです。
このあとタイヤバランスを量り、ブレーキローターを取り付けてから車体に組み込みます。
ハブベアリングのオイルシールが少しヘタっていましたが見て見ぬふりをしました(笑)

IMG_0467_R.jpg
タイヤの組み付けが完了しました(笑) 外に出しますとフロントフォークがとてもキレイに見えます。
メッツラーの純正サイズが国内販売されていませんので、
ブリジストンの「BATTLAX SPORT TOURING BT023FGTスペック重量車用」にしてみました。
本当は前後同銘柄にしたかったのですが、個人輸入はセカイモン経由となり予算外でした。
あとはフェンダー周りを元に戻しキャリパーを取り付けたらすべて完了ですが、
ブレンボパッドの交換作業がありますのでもう少し掛かるようですね(笑)

次回は最終編のブレーキパッドとリヤタイヤ交換&インプレをしてみたいと思います。
またまた久しぶりの更新失礼いたしましたm(__)m
フロントフォークのOH 取り外しから分解編(笑)

みなさん こんにちは♪
日中もだいぶ冷え込むようになってきましたね。
先日久しぶりに伊豆スカを走ってきましたが、天気もよく暖かくツーにはちょうど良かったです。

前回の続きです・・
IMG_0370_R.jpg IMG_0372_R.jpg
画像では分かりにくいですが、うっすらとサスオイルを引いた後が残っています。
ダストブーツも外側は無数のクラックが入っています。
タイヤもスリップサインが出てますので、ついでにこれも同時に交換してみます。
私の乗り癖なのでしょうかね・・タイヤは右側のほうが減っています。
あとはブレンボのパッド交換です。

IMG_0364_R.jpg
さーて、交換部品もひと通り揃いましたので、フォークを車体から外していきましょう。
フェンダー・キャリパー・ABSセンサー・ブレーキブラケット等を外していきます。
ヤマハこだわりのスリーピースフェンダーはバラすのが比較的めんどうですね。
ネジロックが効いていますから気をつけないとヤバそうですw
なんかフェンダーがないと間抜けみたいですね(笑) キャリパーの養生は私の靴下です(爆)
あらかじめアッパーブラケットピンチボルトをフリーにしておきキャップボルトを緩めておいた方がよいです。

IMG_0377_R.jpg
ロアーブラケットピンチボルトを緩めればスルッと抜け落ちますから注意です(笑)
私はやりませんでしたが抜くときインナーチューブにシリコンスプレーなどで保護もありかもです。
ツーピース構造のアウターチューブと52φのインナーチューブのフロントフォークはかなり重いです。

IMG_0379_R.jpg
取り外しが完了です。。手の入らないところがかなり汚れています。
このあとタイヤの交換時には、いったんローターも取り外してしまい掃除します。
自分でメンテしますとこのような手の入らないところも掃除ができますからイイですね。
私はフロントフォークの色合いがとても好きです。

それではフォークの分解を始めましょう(笑)
IMG_0384_R.jpg
まずはキャップボルトをインナーチューブから外してから引き抜きロックナットを外します。
こうすることでダンパロットassyとキャップボルトを分離できます。
キャップボルトの6角面はマスキングテープ等で養生しておいた方がよいと思います。
私は何もせずにディープソケットで緩めましたら、ご覧の通り跡が付いてしまいました。
このアルマイトはとても傷つきやすいです。。悪い例ですね(笑) 塗装でごまかします。
バーコとかの精密モンキーの2面でしっかりと挟みこんでから緩めた方がよい気もします。
このあと逆さにしてフォークオイルを抜きます。
IMG_0387_R.jpg IMG_0391_R.jpg
うぇー汚ねー Σ(゚Д゚;エーッ!
フォークオイルがかなり汚れています。。臭いは感じられませんがシャビシャビです。
取りあえず片側は900ccチョイでましたので大丈夫でしょうか。
IMG_0394_R.jpg
光に透かしてみてもまったく見えません。。20000kmでこんなにも汚れるのでしょうかね。
これだけ汚れていたら各パーツを念入りにきれいにしないとダメそうです。

アウターチューブの下部にありますダンパロッドassyボルトを外しますが、
このボルトを外すにはダンパロッドホルダーというSSTが必要になってきます。
一般的にはインパクトレンチ等で外せるのですが、果たしてこのフォークにはその方法が可能でなのでしょうか。
IMG_0396_R.jpg
まずはボルトを抜く前にダストブーツとクリップをアウターチューブから抜き取ります。
ダンパロッドホルダーというSSTはいくらするのでしょうね。
ダストブーツのクラックは裏側には届いていませんでした。

IMG_0399_R.jpg
エアのインパクトは使わずに100Vの電動インパクトレンチでチャレンジですw
インパクトのトルクはじゅうぶんなのですが、やはりダンパロッドassyが供回りしてしまいます。
減衰力アジャスタのないフロントフォークと違い構造が複雑ですから。
SMによりますとネジロック塗布とありますから緩みにくいのかも知れません。
ない頭をひねり、SSTなしで何とか外すことが出来ました。
やはりSSTを使った方がスムーズに作業を行えると思います。
IMG_0401_R.jpg IMG_0404_R.jpg
外したボルトを見てみますと、えーネジロック塗ってねぇじゃんよ? それも両方ともです。
アウターとインナーをスライディングハンマー(笑)みたいにして引き抜きます。
SMのインナーチューブ分解図も間違っている部分がありますね。。
センサー交換ネタのときもダイアグにおかしな表記部分もありましたし。

IMG_0406_R.jpg IMG_0407_R.jpg
臓物(笑)のスプリングやダンパロッドassy、その他もろもろを取り出します。
組み込み順番を間違わないように一応デジカメで撮っておきます。
スプリングの自由長は規定値以内に収まっていました。
IMG_0413_R.jpg
フロントフォーク1本分の構成部品です(笑)
パーツクリーナーで清掃したあとエアブローしてあります。
ちなみにダンパロッドassyは非分解パーツです。。価格を調べてみましたらタケーっ(笑)
メタル類も交換部品なのですが、まだまだ使えそうです。
高額の部品ではないのでSM指定通りに取り替えた方がいいですね。
IMG_0419_R.jpg
同じ事を繰り返して分解すべてが完了しました(笑)
アウターも磨いてありますからピカピカになりましたw
2本バラして気がついたのですが、やはり心配していた通りのことがありました。
左右のオイル量が100ccチョットも違うんですよ(驚)
フロント周りをバイク屋から修理完了後、20000kmくらいはずっとこの状態で乗っていたことになります。
SMにも「オイルレベルが不均等な場合、操作性や安定性を欠くことになる」と明記されています。
これじゃぁフロントフォークの性能が100パーセント発揮されていないですよね。
それにしても100cc以上も違うなんて、いったいどう量ったらそうなるんだと・・(怒)
お金を払ってこれですから。。オイルも指定のサスオイルM1使ってんのかと・・
左右の減衰力違いのストレスで、オイルがすごく汚れていたかも知れません。

このあとフロントフォークの組み立てから車両の装着まで行います。
あとはパッド交換と、ついでにリヤのタイヤも交換しました。
すべての作業完了後の乗り味が今から凄く楽しみです。
久しぶりの更新長々と失礼いたしました。





フロント周りのリフレッシュ・準備編(笑)
みなさん こんにちは。

朝晩だいぶ肌寒く感じるようになってきました。
群馬方面へツー予定があるのですが寒いでしょうかね。
おそらく夜間の走行は確実に寒いでしょう。

フロントフォークのオイル交換もせずに30000kmを走ってしまいましたので、
オイル交換ついでにフロントフォークのフルOHをしてみました。
以前にバイク屋でフロントフォークの修理歴がありましたので確認も兼ねてです。
問題ないとは思いますが、ダストブーツも表面がひび割れています。
右側はうっすらとオイルを引いた跡が見られます。

某ネット通販で純正部品が5パーセントオフのセールをやっているじゃないですか、、
すかさず品番をアップして注文しました(笑)
IMG_0382_R.jpg
SM交換指定部品です。
90430-10171 ガスケツト
CS4-43862-40 O-リング
2S3-23135-00 メタル,スライド
2S3-23125-00 メタル,スライド
2S3-23144-00 シール,ダスト
2S3-23145-00 オイルシール
2S3-23156-00 クリツプ、オイルシール
サスペンションオイルM1  こいつも2本必要で意外にもお高いですねw
パーツ類は割引もあってか10kでオツリがきました。

IMG_0465_R.jpg
あとイタリアから個人輸入したVMAX純正キャリパー用のブレンボブレーキパッドです。
年式によって同キャリパー仕様のR1やMT-01にも対応します。
パッド単価は純正よりも若干安いですが、送料を含めますとほんの少し高くなります。
毎度のことですが欧州からは到着まで2週間くらいかかりますね。
リヤのブレーキタッチがとても良かったので楽しみにしていました。

確認しましたらフロントタイヤもスリップサインが出ていてどうやらアウトみたいです。
リヤタイヤもかなり減っていますから、ついでにストックしてある新品の240に交換しようと思います。
フォークのフルOHとタイヤ前後交換、フロントブレーキパッド交換と忙しそうですw

亀更新&小出しネタになると思います。
それではこの辺で失礼しますm(__)m


ブレーキパッドの交換とユーザー車検
みなさん こんにちは。
相変わらずの久しぶり更新です。
梅雨もひと休みでしょうか。

先日VMAXのブレーキパッドを交換してみました。
30000km間近で交換したのはリヤ側です。
フロントは目視で3~4分ほど残っています。。それにしても減らないですね・・ノーマルパッドは。
ノーマルバッドは効きが弱いわりにはローターへの攻撃性がありましたので、
何かないかと物色していましたら、ブレンボのパッドがebayに出ていましたのでポチってみました。
他メーカーからは出ていますが、国内には純正キャリパー用のブレンボパッドは見当たりませんねぇ。

DVC00695_R_201406181213345dc.jpg
ブレンボのロゴが見えますかね。
ノーマルキャリパー用のブレンボパッドです。
エッジを丸めてから装着します。
フロントなんか材質の違う3種類のパッドが出ています。。スゴいですよね。
今回チョイスしたのは「松竹梅」での中の「梅」クラスです(笑)
つーかリヤは一択のようです。

DVC00697_R_20140618121334c5c.jpg
当たり前ですが、形状も寸法も同じです。
30000km走行でパッド残が0,8mmありましたから減りにくいですよね。
こういったパーツのメンテは手が汚れますからイヤですね(笑)

DVC00696_R_2014061812133389b.jpg
装着前にダスト等の汚れを中性洗剤とブラシにて洗浄しました。
かなり汚れていますね。。ピストンのちょいヤバ部分にサビが出ていましたから次回は交換です。
このあとブーツの破れとかを確認し、スライドピンにグリスを塗り装着完了です。
後ろから見ますとパッドの赤色がさりげなくオシャレですw
片押しシングルポットでもノーマルパッドより確実に効くようになりました。
走り出してからすぐですから、アタリがつけばもう少し効くようになるかと思います。
リヤのみでなくフロントと同時に使うと効きの向上が体感的にわかります。。コントローラブルになりました。
これならばフロントも純正より少しお高いですが思い切って取り替えてみようと思いました。
いやーいい、いい・・バッチグーです(爆)

話は変わりまして、4月に2回目の車検に行ってきました。
予定日の天候が悪くギリギリになってしまいました。
神奈川陸運支局へVMAXとTMAX交互に毎年足を運んでることになります。
写真4_R
お天気が良いわりには空いており、バイクのユーザー車検に来てる人もチラホラと。
業者の少ない時間帯、午前中の1ラウンドを予約しておきました。
見にくいですが今回は嫁が同行してくれたために検査中を撮ってもらいました。

車検_R
卒業証書いや違った(笑) 新しい車検証とステッカーをもらい完了です。
書類作成から完了まで、おおよそ30分ほどで終わりました。
初回の車検時はある理由で光軸がメチャクチャにずれていたためにお昼近くまで掛かってしまいましたね。
初回時にテスター屋へ往復した甲斐もありましたので今度はすんなりとクリアです。
VMAXの光軸は一度合わせておけば、構造的に見てそう簡単にズレるものではないです。
あとご存じの方もいらっしゃると思いますが、車検証の記載事項に追加がありましたね。

[受験の種別] 持ち込検査車
[検査時の点検整備実施状況] 点検整備記録簿記載あり
[受検形態] 使用者

上記の3項目が追加になったようです。。業者かユーザー車検とかの区別がつくようになりましたね。
費用は2万円でおつりがきまして所要時間も30分程度と良いことばかりです。
我が家に大型がもう一台増えるとなりますと、ふところに優しいユーザー車検が必須になります。
久しぶりの更新失礼いたしました。



プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
私の備忘録へようこそお越し下さいました♪
ジジイライダーですがバイクはいつまでも
カッコよく乗り続けたいなと思っています(笑)
みなさまどうぞ宜しくお願いします!

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる